陽子線治療の特徴

体の中への透過力が高く、がん腫瘍をピンポイントで照射する

陽子線治療

陽子線治療は、水素の元素核である陽子を、光速の70%ほどまで加速させてから体内のがん病巣にピンポイント照射する治療法です。

同じ仕組みを持つ重粒子線治療との違いは、重粒子で用いられる炭素イオンよりも粒子が軽いため、ビームを曲げやすく360度の方向から体内に照射することができます。

粒子が重い重粒子線は、がん腫瘍を殺傷する能力が陽子よりも高いですが、その一方でがんの周囲に重要な神経や臓器がある場合は細心の注意が必要となります。

世界では重粒子線治療より陽子線治療の施設の方が多く、50施設以上で実施されており、そのうちの11施設が日本にあります。

アメリカには重粒子線の治療施設が無く、すべて陽子線で治療が行われています。

陽子線治療のメリットとデメリット

360度回転ガントリーが使用でき、プロトコールもあるためより安全に照射が可能

陽子線は粒子が軽く、ビームを曲げやすいため360度の方向から照射することが可能な回転ガントリーという装置が使用できます。

国内に限らず世界中で治療が行われており、各種がんに対するプロトコール(治療基準)も多くあるため、まだ医学研究の段階である重粒子線治療よりも比較的安全に治療することが出来ます。

重粒子線治療は細胞に与えるダメージが高い分だけ、照射する線量の調整がシビアで、過去の事例が少ないために思わぬ有害事象を起こしやすいとも言えます。

それに比べて、陽子線治療は照射回数は増えるものの周囲の重要臓器を避けながら360度の方向から照射可能なので、より容易に治療を行うことが可能です。

世界での過去の治療者数を比べると、陽子線治療は約12万人、重粒子線治療は2万人弱となります。

北海道から鹿児島まで、国内11ヵ所の施設で治療が受けられる

日本国内では、【北海道】北海道大学病院陽子線治療センター、【福島】南東北がん陽子線治療センター、【茨城】筑波大学付属病院陽子線医学利用研究センター、【千葉】国立がん研究センター東病院、【長野】相澤病院陽子線治療センター、【静岡】静岡県立静岡がんセンター、【愛知】名古屋陽子線治療センター、【福井】福井県立病院陽子線がん治療センター、【兵庫】兵庫県立粒子線医療センター、【岡山】岡山大学・津山中央病院共同運営がん陽子線治療センター、【鹿児島】メディポリス国際陽子線治療センター、これらの施設で陽子線治療を取り扱っています。

全国に五ヵ所しかない重粒子線の施設よりも通院が楽でしょうし、これまでの治療数も多いため治療計画が立てやすく、安心して治療を受けることが出来ます。

現在、陽子線治療の対象となる主な部位は、脳腫瘍、頭頚部がん、肺がん、食道がん、担がん、膵臓がん、直腸がん、肝臓がん、前立腺がん、膀胱がん、子宮がん、腎臓がん、骨肉腫、軟部肉腫です。

実際に治療ができるかどうかは部位の他に、腫瘍の大きさや進行の状態、体力なども考慮されます。

陽子線の治療費は平均して270万円前後

重粒子線治療に比べると若干安くなりますが、それでも多額の治療費が必要であり、その他にも通院費や診察料などは実費負担となるので、治療に掛かる実際の支払いは300万円を超えるケースが多いでしょう。

先進医療というと多額のお金が必要なんじゃないか、といったイメージは陽子線治療や重粒子線治療によって形作られてきたものが大きいかも知れません。

実は全ての先進医療が高額というわけではなく、がん以外の先進医療の7割は10万円以下、先進医療の99%は50万円以下とも言われています。

陽子線治療が高度先進医療として承認されたのは2001年1月。それから先進医療の枠の中で15年以上も運用され続けてきました。

その他の先進医療は数年で保険診療として認められたりもしている中で、ここまでずっと保険が認められなかった理由として、X線やガンマ線との優位性を示すデータを集められなかったことが指摘されています。

前立腺がんや肝臓がんなど、エックス線やガンマ線を用いた放射線治療と比べたものの、比較条件が揃っていなかったり、治療件数が十分な数に達していなかったのです。

そのため、次の診療報酬改定である2018年までに既存の放射線治療よりも高い優位性を示すデータを集めることが求められています。

陽子線治療の費用対効果はどうなのか

陽子線による腫瘍の殺傷能力はX線の1.1倍と言われています。重粒子線の場合はおよそ2~3倍です。

X線の治療費を見てみると、部位によって異なりますが保険適用で実質負担は20万円程度、さらに高額療養費制度が使えるので、約8万円の自己負担分以外は払い戻しを受けることができます。

もし放射線治療が可能で、なおかつ陽子線治療や重粒子線治療の適応でもある場合、想定される副作用やコストパフォーマンスを含めて、自分の生活に合った治療は何なのか、しっかりと考える必要があると思います。

がん治療でお悩みならがん専門の医療コーディネーターにご相談下さい。
   
電話相談    

がんメディカルサービスでは手術、抗がん剤、放射線治療といった三大治療を含め、先進医療と呼ばれる陽子線治療や重粒子線治療、最先端の技術を用いた免疫療法や遺伝子治療など、これら全ての治療法の中からあなただけの治療プランを作成します。
一人ひとりの症状に合わせて、数多くのがん治療の中から最適な治療法を組み合わせ、徹底的にがん細胞と闘います。まずはいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。さまざまな資料やデータ、参考画像などを元にお話させて頂きます。ご本人以外の、ご家族、ご友人、ご親族の方でも大丈夫です。納得のいく説明を受けた上で、自分に合った治療法を見つけられます。

がん治療についてのお悩みを無料でご相談可能です
電話番号タイトル電話番号電話番号
必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
任意原発がん部位
任意転移の有無
任意主な転移先
任意その他 詳細など
個人情報の取り扱い