食道がんの症状と治療方法

食道がんの特徴や症状について

食道がん

食道がんの平均発症年齢:50代後半~60代前半

食道がんとは、口と胃をつなぐ25cmほどの筒状の食道にできるがんで、アルコール度数の高いお酒や熱いものを習慣的に摂取すると、粘膜が炎症をおこし食道がんの発症リスクが高くなります。
食道の周りにはリンパ管や血管が豊富に通っているので、それらの流れに乗って別の臓器に転移されると完治が非常に難しくなります。
初期症状として、食べ物を飲み込んだときに喉の奥がチクチクと痛んだり、熱いものを飲み込んだときにしみるように感じたりします。
しかし食道がんが大きくなるとこのような症状が無くなるので、気にしなくなり放っておかれることも少なくありません。
健康診断や人間ドックのときに内視鏡検査で発見されることが多く、早期であれば治る確率も高くなります。

食道がんのステージ別5年生存率

食道がん円グラフ

食道がんのステージ別5年生存率データ

食道がんの各ステージにおける5年生存率
ステージ1   85.4%
ステージ2   51.3%
ステージ3   26.6%
ステージ4   11.6%

放射線治療を行なうことが多く、手術率は50%と低いです。
血流やリンパ流が豊富なため、転移しやすく予後が悪い傾向があります。
病期が進むごとに生存率が目に見えて悪化します。

食道がんと3大標準治療の適応度

手術

食道がんの治療法は手術が最も一般的です。 がん腫瘍を含めて食道を切除し、同時にリンパ節を含む周囲の組織も摘出します。 食道を切除した後は、食物の新しい通り道を再建する必要があります。

手術の詳細

抗がん剤

食道がんに対しては手術の他に、抗がん剤と放射線治療を合わせて行なうことがあります。 ただし、抗がん剤と放射線の併用療法は副作用も強くなるので、体力が十分でない場合は放射線療法のみが望ましい場合もあります。

抗がん剤の詳細

放射線

食道がんの手術の前に、放射線治療を行なうことがあります。 根治を目指す治療の場合は、抗がん剤と同時に治療を行ないます。 他にも姑息療法と言って、がんの症状を和らげるために放射線治療が行われることもあります。

放射線の詳細

食道がんに効果が期待できる最新医療

がん遺伝子治療

食道は、がんが上下に広がりやすく、胃や腸のような漿膜(外側の膜)を持たないので周囲に浸潤しやすいという、治療において厄介な性質があります。遺伝子治療はそうしたがんに対して大きな効果を発揮します。点滴で全身に遺伝子を巡らすと同時に、内視鏡を使って病巣にがん抑制遺伝子を打ち込むことで、そこからリンパ流に吸収され、体内のがん細胞を消し去ってしまうことが期待できます。

がん遺伝子治療の詳細

免疫細胞治療法

免疫細胞療法は食道がんに対しても有効な治療法です。 食道、腹膜、腎臓などに転移してしまい、放射線治療が難しいと診断されるような末期の癌に対しても有効性を示した実例があります。 がん遺伝子治療と同様に、放射線や抗がん剤治療との相乗効果が期待できます。 1クールの治療で劇的に効く人もいれば、何度か繰り返すことで徐々に腫瘍が小さくなっていく人もいます。

免疫細胞治療法の詳細

がん治療でお悩みならがん専門の医療コーディネーターにご相談下さい。

がん治療でお悩みならがん専門の医療コーディネーターにご相談下さい。

がんメディカルサービスでは手術、抗がん剤、放射線治療といった三大治療を含め、先進医療と呼ばれる陽子線治療や重粒子線治療、最先端の技術を用いた免疫療法や遺伝子治療など、これら全ての治療法の中からあなただけの治療プランを作成します。
一人ひとりの症状に合わせて、数多くのがん治療の中から最適な治療法を組み合わせ、徹底的にがん細胞と闘います。まずはいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。さまざまな資料やデータ、参考画像などを元にお話させて頂きます。ご本人以外の、ご家族、ご友人、ご親族の方でも大丈夫です。納得のいく説明を受けた上で、自分に合った治療法を見つけられます。

がん治療についてのお悩み
無料でご相談可能です

お急ぎの方はお電話での相談受付もしています

※の箇所は必須項目です。

お名前
電話
番号
- -
メール
アドレス
原発がん
部位
転移の
有無
主な
転移先
その他
詳細など
個人情報の取り扱い

個人情報保護方針 株式会社GMS(以下、当社とする)の個人情報保護に関する基本的な考え方は、「個人情報の公正な取り扱い」であります。これは、当社が個人情報をどのように考え、取り扱うのかについて、サイト利用者、医療機関、医薬品メーカー、ビジネスパートナー、株主等の皆さまに広くお知らせすることで、安心して取引をしていただけるようにするものです。また、当社は当社の事業領域の分野で、個人情報を有益に活用できる可能性があることを認識する反面、個人情報には誤って利用される危険性があることを十分に理解しております。こうした認識のもと、サービス利用者、医療機関、保険薬局、医薬品メーカー等の皆さまのさらにお役に立ち、信頼していただけるよう、個人情報を有益に活用し、必要かつ適切に保護していくことが、当社の基本的なスタンスであります。 2018年1月29日 株式会社GMS 代表取締役 竹内 規夫 1.個人情報の取得・利用 当社は、当社の事業を遂行する上で必要な範囲で当社からのアンケート、通知その他の連絡を行うために、必要な範囲内で個人情報を取得することがあります。当社は、利用目的を明確にしたうえで、適切かつ公正に個人情報を取得いたします。また、当社は、利用目的の範囲内でのみ個人情報を利用いたします。 2.個人情報の提供 当社は、医療機関をはじめとする多くのサービス利用者様に円滑なサービスをご提供するため、また、医療の安全性の確保や医療の質を向上する等のため、当社が取引いただいております医薬品メーカー、医療機器・材料メーカー等に個人情報を提供することがあります。その際、個人情報は最低限の範囲で提供することといたします。また、個人情報の提供先を明確にしたうえ、情報主体(本人)に通知・公表し、情報主体(本人)の同意の状況に応じて、提供停止等の適切な措置を講じてまいります。ただし、法令に基づく場合、人の生命・財産を保護する必要がある場合、警察・裁判所等の公的機関への協力が必要である場合には、この限りではありません。 3.個人情報の安全管理 当社は、個人情報を紛失・漏えい・破壊・改ざん等から保護するため、必要かつ適切な情報セキュリティ対策を実施いたします。 4.個人データの委託 当社は、医療機関をはじめとする多くのサービス利用者さまに円滑なサービスをご提供するため、個人データの取り扱いを外部に委託することがあります。その場合には、委託先との契約の締結、実施状況の点検等を行い、個人データの適切な取り扱いを確保できるようにいたします。 5.個人データの共同利用 当社は、個人データをGMSグループ等で共同利用する場合には、あらかじめ情報主体(本人)に共同利用者の範囲、利用項目、利用目的等の所定事項を通知・公表いたします。 6.情報主体(本人)の権利の尊重 当社は、情報主体(本人)の権利を尊重し、情報主体(本人)またはその委託を受けたと正当に認識できる代理人による自己情報の開示、訂正、削除、利用停止等の求めに適切に対応いたします。 7.個人情報保護に関する法令・ガイドラインの遵守 当社は、当社の業務に適用される個人情報保護に関する法令、業界団体等が定めたガイドライン等を遵守いたします。 8.個人情報保護方針の通知・公表について 当社は、当社の全組織を対象とする個人情報保護方針の公表に加えて、業務やサービス毎に個人情報保護方針、プライバシーポリシーを公表します。個別の個人情報保護方針は、当社のウェブサイトまたは個別のサービスを提供するウェブサイト、書面、口頭等により通知・公表いたします。 9.個人情報保護の維持・改善 当社は、個人情報の取り扱いが適正に行われるよう、当社の役員、従業員およびその他関係者に周知徹底させ、実際に適正に取り扱われていることを点検し、当社の個人情報保護の取り組みについて定期的に、または適宜見直しを行い、継続的に改善してまいります。 10.個人情報の相談窓口 当社の個人情報保護に関するご意見、ご要望等の相談窓口を下記の通り設置いたします。 株式会社GMS お客様相談室 〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 12F 電話番号:03-5530-8332 ファックス:03-5530-8333 eメール:info@g-ms.co.jp なお、恐れ入りますが、お問い合わせの対応は土・日曜日、祝祭日、年末年始を除く弊社営業時間(10:00-19:00)内とさせていただきます。