がん専門医療コーディネーターが考えるがんの正しい治療法とは

BLOG

医療コーディネーター

がんを克服するためには、いったいどういった治療が最適なのでしょうか。今、日本では「がん」と告知されると、ほぼ無条件で三大標準治療(手術、放射線治療、化学療法)を行います。この三大標準治療も飛躍的に進歩していて、多くのがんを克服することが可能になって来ています。
しかし、その一方で、「がん難民」という言葉が社会現象化され、多くのがん患者様が三大標準治療では治療するすべがなく、お医者様に見離されるという悲しいケースが多く存在しています。
では、お医者様に見離されたらもう治療法はないのでしょうか?

目次



「治療法が無い」という言葉が映しだす保険診療の限界

大きな病院の医師に見放されたから治療法が無いかと言うと、決してそうではありません。重粒子線などの先進医療を始め、免疫療法、温熱療法などの代替医療などで、お医者様に見離されたがん患者様がうそみたいにがんを克服したという例は沢山存在します。最近、アメリカなどを中心に驚異的な効果を出している遺伝子医療などもその進歩は目覚しく、日本における症例などを見ても、今後がんで人が亡くなることがなくなるのでは思わせるほどになって来ています。
それなのに、何故「もう治療方法はありません」と主治医に見放されるというようなことが起こるのでしょうか。
これは、標準保険治療に問題があると思っています。

日本が誇る標準保険診療という医療システム

日本が誇る保険治療は世界的に見ても優れており、海外の人に説明しても俄かに信じて貰えないくらいです。がんにおいては「がん診療ガイドライン」が制定されていて、どの病院でどの医師に罹っても等しく同じ治療が受けれるという特徴を持っています。
これはどこの国も真似の出来ない素晴らしい仕組みであるのですが、一方で大きな欠点を持っています。

セカンドオピニオンを受ける意味はあるのか

最近ではセカンドオピニオンを受けることも一つの選択肢として考えられ始めていますが、基本的にどの病院に行っても同じ治療をお医者様に薦められます。医師からするとこれは楽なことで、個々の患者様のことを考える必要はなく一律に同じ治療をすれば、トラブルが起きた時でも咎められることは無いからです。もし仮に、他に最適な治療方法があったとしても、それを薦めて万が一ということがあれば問題になるので、トラブルにならないようにガイドラインに添った治療になります。
その治療の範囲も『保険診療の範囲において』と言う、極めて狭い範囲からの治療となっています。

十人十色のがんを治療するなら「スペシャリスト」であるべき

10人のがん患者様がいれば、10種類存在しているのががんという病気です。がんの治療に於いては、「スタンダード」では対応出来ないのが現状で、その患者様一人ひとりにあった「スペシャル」でなくてはならないのです。
がんの死亡者数が減ってきているアメリカなどのがん治療の先進国では、1992年に代替慰労事務局(OAM)が設立され、ハーバード大学やスタンフォード大学など名だたる大学で代替医療の研究センターが設立され、スローン・ケタリング記念病院やMDアンダーソンがんセンターなど全米のトップクラスの病院が、代替医療を正式な治療のひとつとして取り入れています。
がんの死亡者数が増え続けている日本の保険医療では、がん患者様に最適な医療方法を提供出来ていないのは明らかです。

がん専門医療コーディネーターの職務とは

弊社では、三大標準治療はもちろんですが、重粒子線などの先進医療を始め、免疫療法などの代替医療やがんの完治までも期待できる遺伝子医療など様々な方向から多角的に患者様に治療方法を提供することを目的としています。代替医療も三大標準治療に負けず効果的な治療が多いとは言え、例えば同じ免疫療法でも効くと言われているものから効果がないと言われる治療まで様々です。
最近一番効果が高いと見込まれ、近い将来主流になると言われている「がんの遺伝子医療」に於いても、使っているがん抑制遺伝子はクリニックにより様々で、中にはがんにまでがん抑制遺伝子が届かない意味のない治療を行っているクリニックまで存在しています。
もし遺伝子医療を選択肢の一つとして考えられるのであれば、クリニックを慎重に詳細に調べ、より効果の高い治療方法を行っていると思えるクリニックを選ぶことが大切です。

まとめ

自分に合ったがん治療を受けるには、日々進化する治療方法に耳を傾け、常に最新で最適な治療方法の組み合わせを模索する必要があります。がん予防や前がんの状態から、「もう治療方法がありません」とお医者様に見放された方まで、どんながんでも受けられる治療法は必ずあります。必ず最後まで諦めないでください。
「治療方法がない」という選択肢は、本来存在するべきではないと思っています。



ご相談・お問い合わせはこちら