がん遺伝子治療の特徴

がん細胞の遺伝子に働きかけて自滅させていく治療

遺伝子治療

がん遺伝子治療はがん医療の現場で注目されている治療法で、正常細胞に悪影響を与えずに、全身のがん細胞に効果を発揮する新しい治療方法です。

早期の場合はがん遺伝子治療のみでの治癒も可能であり、進行してしまったがんに対しても手術や抗がん剤と併用することで、手術範囲を縮小したり副作用を抑える効果なども期待できます。

また放射線治療でダメージを与えたがん細胞に、遺伝子治療を行うことで相乗効果も生まれます。

三大標準治療に比べて治療実績がまだ少なく、大学病院などで多くの治験が行われており、保険承認されるまでは時間が必要ですが、最新のがん治療として多くの関心を集めている最先端の治療法です。

がん遺伝子治療のメリットとデメリット

副作用がほとんど無く、点滴や注射によって治療するので手術痕も残らない

がん遺伝子治療は、がん抑制遺伝子を点滴や注射によって体内に導入します。 その為、手術にように切除痕が残ったり臓器を切り取ることが無いので、創感染といった傷口からの感染症や、縫合不全、腹膜炎といった合併症も有りません。

麻酔をかけることも無いので体力の無い方でも治療が受けられて、入院せずに通院のみでの治療が可能です。

現在は再発がんや進行がんなど、治療が難しいとされているがんの治療によく用いられていますが、全身に作用して新しいがんの発生を抑えるため再発予防としての効果も期待されています。

世界中で多くのがん抑制遺伝子が発見されており、それらを効率的に体内に導入できるように研究されているので、これから更に進化していく治療法として期待が高まっています。

弊社が国内で提携しているクリニックは、がん遺伝子治療の第一人者と言われる海外の研究者と独占契約を結んでおり、最新のがん抑制遺伝子をいち早く日本に取り入れて使用し、高い効果を上げています。

まだ保険承認がされておらず治療費は自己負担

がん遺伝子治療を受ける上で知っておきたいデメリットとして、今はまだ自由診療という扱いのため治療費の自己負担が必要です。

国内でがん遺伝子治療を実施しているクリニックの治療費は1クールで100万円~300万円ほどになります。

治療費の幅が広いのは保険外診療という扱いであるためにクリニック側が治療費を自由に決められる為です。

中には今では効果が低いとされている一昔前のがん抑制遺伝子を使用しているクリニックや、500万円以上の治療費を取っているクリニックなどもあり、評判の高い遺伝子治療で高額の治療費を得ようとしている不道徳なクリニックも存在しています。

点滴や注射がメインの治療法となるので、クリニックによってはがんの知識が乏しい医師が治療を行っている可能性もあります。

がんメディカルサービスは国内でがん遺伝子治療を行っている病院の独自調査を随時行なっており、さらに提携先を広げてより多くの患者様が適切な治療が受けられるように尽力しておりますので、もし遺伝子治療を受けようと思われているのなら是非一度ご連絡を下さい。

がん遺伝子治療ががん治療の主流になりえる

がん遺伝子治療の考え方は、アメリカで1960年代の後半に生まれました。
ウイルスの研究が大きく進み、ウイルスを上手に使えば、遺伝子を細胞内に運び込めるのではないかという発想が出てきたのです。

1970年台後半から1980年代前半にかけて、DNAが二重らせん構造であるという大発見を契機に、分子生物学が脚光を浴びました。
人間の病気が遺伝子レベルで解析されるようになったのもこの時期です。

1990年にはアメリカで初めて遺伝子治療が成功し、その後、日本でも1995年に北海道で同様の成果が得られました。

遺伝子操作による波紋が世界に広がる中、2000年代に実用段階に入り、アメリカとフランスで画期的な臨床試験の結果が報告され、そこから遺伝子治療は広がりを見せます。

臨床試験計画書の承認件数は圧倒的にアメリカが多く、国自体が遺伝子治療を認めていて多くの医療機関で実施され発展しています。

遺伝子治療においては日本はまだまだ後進国です。承認件数はアメリカのわずか2.7%にしか過ぎません。遺伝子治療の研究者の数もアメリカに遠く及ばず、技術的にもアメリカに頼らざるを得ないのが現状です。

日本もアメリカのように国家としてがん遺伝子治療を認め、より多くの医師の理解が進めば、がん遺伝子治療が今後のがん治療の主流になりえると考えられます。

がん遺伝子治療を受けるなら国内最新のがん抑制遺伝子を取り扱うクリニックで

がん遺伝子治療は常に進化を続ける最新の治療法です。今ではがん治療だけでなく、認知症や心臓・血管系疾患の治療にも遺伝子治療の研究が進められています。

たった数年、数か月の期間で新しいがん抑制遺伝子が発見され、より副作用が少なく治療効果の高いものへと進化しています。

国内でも遺伝子治療を行っているクリニックは複数ありますが、使用しているがん抑制遺伝子が旧型の場合、思わぬ副作用を引き起こす可能性もあります。

もし日本国内で遺伝子治療を受けるのであれば、弊社が提携している最新の抑制遺伝子を取り扱うクリニックで受けられることをお薦め致します。

がん治療でお悩みならがん専門の医療コーディネーターにご相談下さい。
   
電話相談    

がんメディカルサービスでは手術、抗がん剤、放射線治療といった三大治療を含め、先進医療と呼ばれる陽子線治療や重粒子線治療、最先端の技術を用いた免疫療法や遺伝子治療など、これら全ての治療法の中からあなただけの治療プランを作成します。
一人ひとりの症状に合わせて、数多くのがん治療の中から最適な治療法を組み合わせ、徹底的にがん細胞と闘います。まずはいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。さまざまな資料やデータ、参考画像などを元にお話させて頂きます。ご本人以外の、ご家族、ご友人、ご親族の方でも大丈夫です。納得のいく説明を受けた上で、自分に合った治療法を見つけられます。

がん治療についてのお悩みを無料でご相談可能です
電話番号タイトル電話番号電話番号
必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
任意原発がん部位
任意転移の有無
任意主な転移先
任意その他 詳細など
個人情報の取り扱い