重粒子線治療とは

重粒子線治療の特徴

がん病巣に狙いを絞って放射線を照射する副作用の少ない治療法

重粒子線

従来の放射線治療で使用されるエックス線やガンマ線は、がん腫瘍に対して照射しても、身体の表面が一番ダメージを受け、深層に進むにつれて効果が低くなっていきます。

そのため、身体の深部にあるがん病巣に対して十分なダメージを与えることが出来ずに、表皮に近い正常細胞が大きな被害を受けてしまいます。

一方、重粒子線治療はブラッドピークと呼ばれる特性(体の表面では放射線量が少なく、がん病巣でピークになる特性)を利用して、ピンポイントでがん腫瘍にダメージを与えることが可能です。

このブラッドピークは陽子線治療も同様に有していますが、重粒子線の方が陽子線よりも線量集中性が優れており、がん腫瘍に対する殺傷効果が2~3倍大きいとされています。

重粒子線治療のメリットとデメリット

体の深いところにあるがん病巣でも集中的に照射が行える

従来の放射線治療は、体の表面近くでその効果が最大となり、エネルギーを出しながら体を通り抜けます。当然のことですが、がんは体の中にあるので、放射線治療ではがん腫瘍だけでなく、放射線の通り道にある正常細胞にもダメージを与えていきます。

そのため、放射線治療を行う場合は、正常細胞に与えるダメージの限界量を考えながら照射することになり、体の深部にあるがん腫瘍に対して十分な量の照射を行うことが出来ない場合があります。

一方で重粒子線は、体の中をある程度進んだ後に急激に高いエネルギーを周囲に与えて消滅する、というブラッドピークと呼ばれる特性を持ち合わせています。

この性質を利用することで、周囲の正常細胞を傷つけることなく、体の深いところにあるがん病巣に対しても十分な量の放射線を照射することが出来るのです。

副作用が少なく通院治療が可能、治療期間も短い

重粒子線治療はがん病巣を集中的に叩くため、周りの正常細胞へのダメージが少なく、副作用も最小限に抑えることが可能になりました。

手術のように体を切り開くこともないので通院で治療を行うことが可能で、高齢者や体力の少ない方でも治療を受けられます。

さらに放射線と比べてがん細胞を殺傷する能力が2~3倍ほど高く、照射する回数も少なく済むため治療期間も短くなります。

重粒子線のデメリットは、治療対象となるがんに条件があり、一つの部位に留まっている固形がんで、過去に放射線治療を受けておらず、胃や大腸など不規則に動く臓器ではない箇所に限定される、ということです。

主な重粒子線の対象部位は、脳腫瘍、頭頚部がん、食道がん、肺がん、肝臓がん、膵臓がん、子宮がん、直腸がん、前立腺がん、骨肉腫、軟部組織腫瘍になります。

その中でも高度先進医療の対象となっているのが、頭頚部、肺がん、肝臓がん、骨肉腫、軟部肉腫、前立腺がんで、それ以外のがんは臨床試験中です。

公的保険は適用外のため治療費は300万円前後

重粒子線治療は高度先進医療として国から定められており、診察・検査・投薬・入院料などは健康保険の給付対象となりますが、先進医療に掛かる費用(技術料)は公的保険制度の対象とならないため全額自己負担となります。

重粒子線治療の場合、先進医療に掛かる技術料は平均して300万円前後です。

高額療養費制度の支給対象にならないため、負担額の上限もありません。しかし、個人で先進医療特約がついているがん保険に加入している場合、治療費を保険会社に負担してもらうことが出来ます。

また施設によって臨床試験や治験を行なっているところがあり、がん腫瘍の位置や条件が当てはまれば治療費を軽減して受けられる可能性もあります。

あくまでも治験、臨床試験となるので、思わぬ副作用が出る可能性もありますし、治療を受けられても思ったほど効果が得られないといったことも十分あり得ます。

国内で重粒子線治療を受けられる施設は数えるほどしかなく、そこまでの交通費なども実費となりますので治療費が無料になったとしてもそれ以外の診察費や薬代、交通費や食費などは自己負担となります。

国内数ヵ所のがんセンターでのみ治療が可能

重粒子線治療は民間保険のテレビCMで一躍有名になり、夢の治療と言われるようになりました。

しかし治療を受けるには全国にわずか五ヵ所しかない(※2017年1月現在)施設に行き、約300万円の費用を支払って複数回の通院をしなければいけません。施設を増やそうにも何十億といったお金が必要であり、一朝一夕では難しいでしょう。

そして治療を受けたいと言っても諸々の条件が有り、希望すれば誰もが受けられる治療法ということでもありません。

重粒子線は2003年から先進医療となっていますが、もしかしたら先進医療から外されるのではないか、といった話も出ています。

学会ではまだ十分なデータが揃っていないとされており、厚労省や政府機関などの今後の動向も合わせて注意が必要です。

がん治療でお悩みならがん専門の医療コーディネーターにご相談下さい。

がん治療でお悩みならがん専門の医療コーディネーターにご相談下さい。

がんメディカルサービスでは手術、抗がん剤、放射線治療といった三大治療を含め、先進医療と呼ばれる陽子線治療や重粒子線治療、最先端の技術を用いた免疫療法や遺伝子治療など、これら全ての治療法の中からあなただけの治療プランを作成します。
一人ひとりの症状に合わせて、数多くのがん治療の中から最適な治療法を組み合わせ、徹底的にがん細胞と闘います。まずはいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。さまざまな資料やデータ、参考画像などを元にお話させて頂きます。ご本人以外の、ご家族、ご友人、ご親族の方でも大丈夫です。納得のいく説明を受けた上で、自分に合った治療法を見つけられます。

がん治療についてのお悩み
無料でご相談可能です

お急ぎの方はお電話での相談受付もしています

※の箇所は必須項目です。

お名前
電話
番号
- -
メール
アドレス
原発がん
部位
転移の
有無
主な
転移先
その他
詳細など
個人情報の取り扱い

個人情報保護方針 株式会社GMS(以下、当社とする)の個人情報保護に関する基本的な考え方は、「個人情報の公正な取り扱い」であります。これは、当社が個人情報をどのように考え、取り扱うのかについて、サイト利用者、医療機関、医薬品メーカー、ビジネスパートナー、株主等の皆さまに広くお知らせすることで、安心して取引をしていただけるようにするものです。また、当社は当社の事業領域の分野で、個人情報を有益に活用できる可能性があることを認識する反面、個人情報には誤って利用される危険性があることを十分に理解しております。こうした認識のもと、サービス利用者、医療機関、保険薬局、医薬品メーカー等の皆さまのさらにお役に立ち、信頼していただけるよう、個人情報を有益に活用し、必要かつ適切に保護していくことが、当社の基本的なスタンスであります。 2018年1月29日 株式会社GMS 代表取締役 竹内 規夫 1.個人情報の取得・利用 当社は、当社の事業を遂行する上で必要な範囲で当社からのアンケート、通知その他の連絡を行うために、必要な範囲内で個人情報を取得することがあります。当社は、利用目的を明確にしたうえで、適切かつ公正に個人情報を取得いたします。また、当社は、利用目的の範囲内でのみ個人情報を利用いたします。 2.個人情報の提供 当社は、医療機関をはじめとする多くのサービス利用者様に円滑なサービスをご提供するため、また、医療の安全性の確保や医療の質を向上する等のため、当社が取引いただいております医薬品メーカー、医療機器・材料メーカー等に個人情報を提供することがあります。その際、個人情報は最低限の範囲で提供することといたします。また、個人情報の提供先を明確にしたうえ、情報主体(本人)に通知・公表し、情報主体(本人)の同意の状況に応じて、提供停止等の適切な措置を講じてまいります。ただし、法令に基づく場合、人の生命・財産を保護する必要がある場合、警察・裁判所等の公的機関への協力が必要である場合には、この限りではありません。 3.個人情報の安全管理 当社は、個人情報を紛失・漏えい・破壊・改ざん等から保護するため、必要かつ適切な情報セキュリティ対策を実施いたします。 4.個人データの委託 当社は、医療機関をはじめとする多くのサービス利用者さまに円滑なサービスをご提供するため、個人データの取り扱いを外部に委託することがあります。その場合には、委託先との契約の締結、実施状況の点検等を行い、個人データの適切な取り扱いを確保できるようにいたします。 5.個人データの共同利用 当社は、個人データをGMSグループ等で共同利用する場合には、あらかじめ情報主体(本人)に共同利用者の範囲、利用項目、利用目的等の所定事項を通知・公表いたします。 6.情報主体(本人)の権利の尊重 当社は、情報主体(本人)の権利を尊重し、情報主体(本人)またはその委託を受けたと正当に認識できる代理人による自己情報の開示、訂正、削除、利用停止等の求めに適切に対応いたします。 7.個人情報保護に関する法令・ガイドラインの遵守 当社は、当社の業務に適用される個人情報保護に関する法令、業界団体等が定めたガイドライン等を遵守いたします。 8.個人情報保護方針の通知・公表について 当社は、当社の全組織を対象とする個人情報保護方針の公表に加えて、業務やサービス毎に個人情報保護方針、プライバシーポリシーを公表します。個別の個人情報保護方針は、当社のウェブサイトまたは個別のサービスを提供するウェブサイト、書面、口頭等により通知・公表いたします。 9.個人情報保護の維持・改善 当社は、個人情報の取り扱いが適正に行われるよう、当社の役員、従業員およびその他関係者に周知徹底させ、実際に適正に取り扱われていることを点検し、当社の個人情報保護の取り組みについて定期的に、または適宜見直しを行い、継続的に改善してまいります。 10.個人情報の相談窓口 当社の個人情報保護に関するご意見、ご要望等の相談窓口を下記の通り設置いたします。 株式会社GMS お客様相談室 〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 12F 電話番号:03-5530-8332 ファックス:03-5530-8333 eメール:info@g-ms.co.jp なお、恐れ入りますが、お問い合わせの対応は土・日曜日、祝祭日、年末年始を除く弊社営業時間(10:00-19:00)内とさせていただきます。