免疫療法とは

免疫療法の特徴

身体の免疫力を高め、体内のがん細胞を攻撃する

免疫療法

人の体に元から備わっている免疫機能を活性化させて、がん細胞を攻撃することを目指した治療法です。

免疫療法にはさまざまな免疫の特徴を生かした、いくつもの治療法があります。

医療機関が独自の名前を付けている場合もありますが、大きく分けるとAT(活性化リンパ球)療法、NK(ナチュラルキラー)細胞療法、DC(樹状細胞)療法が代表的な治療法となります。

がんペプチド療法やサイトカイン誘導治療といった名称を付けている場合も、仕組み的にはこれらの治療法の一種です。

体内のがん細胞を非自己と正しく判断して攻撃を促すことが出来れば、素晴らしい結果が得られる治療法だと言えます。

免疫療法のメリットとデメリット

自己の正常細胞には攻撃しないので、副作用が少なく身体への負担が少ない

免疫療法の大きなメリットは、自己の自然治癒能力を強化するという治療法なので正常な細胞に対しては悪影響を与えず、身体への負担が少ないところです。

人間の体には、ウイルスや細菌などの病原体を異物とみなして攻撃し排除する免疫システムが備わっています。その免疫力を最適、最大化して体内からがん細胞を排除していきます。

抗がん剤のようにすべての細胞に対して攻撃をしてしまうことは無いので、大きな副作用もなく、免疫力が高まることによってがん以外の病気にもかかりづらくなったり、身体の調子が良くなった気がするというような声も聞かれます。

また治療を行なう上で入院をする必要もなく、点滴や注射による治療だけなので長時間の拘束もありません。仕事や家事を続けながら治療ができるというのもメリットの一つです。

がん細胞を非自己と判断できなければ効果が無い

体内の免疫システムは、身体の外から侵入する異物や、体内で日々発生する異常な細胞を異物と判断して排除することで、人はがんを含めてさまざまな病気にならずにすみます。

ところが、がん細胞の多くは免疫システムに非自己と判断されないようにする能力をもっています。非自己と判断できなければ免疫システムががん細胞を攻撃することはありません。

がんが発生し、進行してしまうのは、がん細胞を免疫が自己と判断してしまい攻撃されることなく生き延び、増殖してしまった結果です。

その為、いくら免疫力を強化したとしても、免疫システムががん細胞を自己と判断している限りは効果がありません。

免疫療法の効果を上げるためには、がん細胞を自己と認識している免疫システムを、いかにして非自己と判断するように変換するかが最も大切なポイントです。

がんメディカルサービスでは、免疫療法を受けたのに効果が無いという相談を多数頂きますが、その多くが免疫力自体は上がっているけれども免疫システムががん細胞を自己と判断しており攻撃が行われていない状態にあると予想されます。

遺伝子治療と組み合わせることで、がん細胞を非自己と認識する可能性が上がる

免疫療法の最大の弱点は、がんの抗原を免疫細胞が認知できず、非自己と判断できないところです。

そこに遺伝子治療を併用することで、大きな相乗効果が生まれる可能性が分かりました。

遺伝子治療は、がんを抑制する遺伝子を体内に導入することで、がんの増殖をストップさせたり、アポトーシス(自滅)に誘導することができます。

この時に免疫療法を併用することで、がん細胞がアポトーシス(自滅)した時に吐き出される抗原を免疫システムが認知して、免疫細胞にがん細胞の目印を教えます。そうなると免疫細胞はものすごい力を発揮して、非自己と判断したがん細胞に攻撃を仕掛けるようになるのです。

もし免疫療法をやっているのだけれども思うような効果が出ないという方は、がん細胞を非自己と認識させて免疫療法の効果を高めるために遺伝子治療を加えること検討すると良いかも知れません。

免疫療法というのは現在のところ非常に高額な治療法です。受ける際には決心も必要だった方も多いでしょう。せっかく高まった免疫力を十分に使い切るためにも遺伝子治療との併用はとても役に立つことでしょう。

がん治療は、ひとつの治療法だけでは不完全

がん治療において、ひとつの治療法だけでがんを治すのは非常に困難です。どんな治療法にも足りないところはあります。

三大標準治療では治すことができない再発がんや転移がんに対して、免疫療法や遺伝子治療などの最先端医療を加えることで完治する可能性を引き上げることができます。

腫瘍の場所や大きさ、数により、さまざまな治療法を組み合わせることが大切です。しかし組み合わせ型によっては、お互いのメリットを相殺してしまい、効果の薄い治療を行ってしまう可能性もあります。今のがん治療でお悩みならいつでもがんメディカルサービスまでご相談下さい。

がん治療でお悩みならがん専門の医療コーディネーターにご相談下さい。

がん治療でお悩みならがん専門の医療コーディネーターにご相談下さい。

がんメディカルサービスでは手術、抗がん剤、放射線治療といった三大治療を含め、先進医療と呼ばれる陽子線治療や重粒子線治療、最先端の技術を用いた免疫療法や遺伝子治療など、これら全ての治療法の中からあなただけの治療プランを作成します。
一人ひとりの症状に合わせて、数多くのがん治療の中から最適な治療法を組み合わせ、徹底的にがん細胞と闘います。まずはいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。さまざまな資料やデータ、参考画像などを元にお話させて頂きます。ご本人以外の、ご家族、ご友人、ご親族の方でも大丈夫です。納得のいく説明を受けた上で、自分に合った治療法を見つけられます。

がん治療についてのお悩み
無料でご相談可能です

お急ぎの方はお電話での相談受付もしています

※の箇所は必須項目です。

お名前
電話
番号
- -
メール
アドレス
原発がん
部位
転移の
有無
主な
転移先
その他
詳細など
個人情報の取り扱い

個人情報保護方針 株式会社GMS(以下、当社とする)の個人情報保護に関する基本的な考え方は、「個人情報の公正な取り扱い」であります。これは、当社が個人情報をどのように考え、取り扱うのかについて、サイト利用者、医療機関、医薬品メーカー、ビジネスパートナー、株主等の皆さまに広くお知らせすることで、安心して取引をしていただけるようにするものです。また、当社は当社の事業領域の分野で、個人情報を有益に活用できる可能性があることを認識する反面、個人情報には誤って利用される危険性があることを十分に理解しております。こうした認識のもと、サービス利用者、医療機関、保険薬局、医薬品メーカー等の皆さまのさらにお役に立ち、信頼していただけるよう、個人情報を有益に活用し、必要かつ適切に保護していくことが、当社の基本的なスタンスであります。 2018年1月29日 株式会社GMS 代表取締役 竹内 規夫 1.個人情報の取得・利用 当社は、当社の事業を遂行する上で必要な範囲で当社からのアンケート、通知その他の連絡を行うために、必要な範囲内で個人情報を取得することがあります。当社は、利用目的を明確にしたうえで、適切かつ公正に個人情報を取得いたします。また、当社は、利用目的の範囲内でのみ個人情報を利用いたします。 2.個人情報の提供 当社は、医療機関をはじめとする多くのサービス利用者様に円滑なサービスをご提供するため、また、医療の安全性の確保や医療の質を向上する等のため、当社が取引いただいております医薬品メーカー、医療機器・材料メーカー等に個人情報を提供することがあります。その際、個人情報は最低限の範囲で提供することといたします。また、個人情報の提供先を明確にしたうえ、情報主体(本人)に通知・公表し、情報主体(本人)の同意の状況に応じて、提供停止等の適切な措置を講じてまいります。ただし、法令に基づく場合、人の生命・財産を保護する必要がある場合、警察・裁判所等の公的機関への協力が必要である場合には、この限りではありません。 3.個人情報の安全管理 当社は、個人情報を紛失・漏えい・破壊・改ざん等から保護するため、必要かつ適切な情報セキュリティ対策を実施いたします。 4.個人データの委託 当社は、医療機関をはじめとする多くのサービス利用者さまに円滑なサービスをご提供するため、個人データの取り扱いを外部に委託することがあります。その場合には、委託先との契約の締結、実施状況の点検等を行い、個人データの適切な取り扱いを確保できるようにいたします。 5.個人データの共同利用 当社は、個人データをGMSグループ等で共同利用する場合には、あらかじめ情報主体(本人)に共同利用者の範囲、利用項目、利用目的等の所定事項を通知・公表いたします。 6.情報主体(本人)の権利の尊重 当社は、情報主体(本人)の権利を尊重し、情報主体(本人)またはその委託を受けたと正当に認識できる代理人による自己情報の開示、訂正、削除、利用停止等の求めに適切に対応いたします。 7.個人情報保護に関する法令・ガイドラインの遵守 当社は、当社の業務に適用される個人情報保護に関する法令、業界団体等が定めたガイドライン等を遵守いたします。 8.個人情報保護方針の通知・公表について 当社は、当社の全組織を対象とする個人情報保護方針の公表に加えて、業務やサービス毎に個人情報保護方針、プライバシーポリシーを公表します。個別の個人情報保護方針は、当社のウェブサイトまたは個別のサービスを提供するウェブサイト、書面、口頭等により通知・公表いたします。 9.個人情報保護の維持・改善 当社は、個人情報の取り扱いが適正に行われるよう、当社の役員、従業員およびその他関係者に周知徹底させ、実際に適正に取り扱われていることを点検し、当社の個人情報保護の取り組みについて定期的に、または適宜見直しを行い、継続的に改善してまいります。 10.個人情報の相談窓口 当社の個人情報保護に関するご意見、ご要望等の相談窓口を下記の通り設置いたします。 株式会社GMS お客様相談室 〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 12F 電話番号:03-5530-8332 ファックス:03-5530-8333 eメール:info@g-ms.co.jp なお、恐れ入りますが、お問い合わせの対応は土・日曜日、祝祭日、年末年始を除く弊社営業時間(10:00-19:00)内とさせていただきます。